スタッフブログ

2013年11月 8日 金曜日

顎関節症について

  

   生活習慣改善で軽減 

 
  



顎関節症は、若い女性に増えていると言われる病気です。
あごの痛みやあごがゴリゴリ鳴る、口を大きく開けにくいなどが
主な症状として現れます。


       

さらに耳の痛みや耳閉感、難聴、めまい、目の疲れ、頭痛や
肩こりなどを伴うなど、仕事や日常生活に影響することも少なく
ありません。

原因はよく分かっていませんが、ストレスやあごの組織の弱さ
食習慣や生活習慣などとも関連するようです。
口を開閉する運動が激しすぎる、歯を食いしばることが多い
歯の治療の後、噛みあわせがうまくいかないなど、あごの筋肉に
負担がかかりすぎる生活スタイルが問題とされます。

重症なら歯科や口腔外科などの専門医を受診することが必要です。
炎症を抑える薬物治療が行われたり、関節内の骨の癒着を治す
手術が行われる場合もあります。

また、マウスピースのような器具をつけて噛み合わせを調整する
治療法も有用なので、専門医などと相談して下さい。


                


しかし、多くの顎関節症は自分で生活習慣を改善することで症状を
軽くし、治すことができるようです。
慢性的に痛みがあり口が開きにくくなっている場合は温湿布をして
筋肉の緊張や痛みを抑える一方、少しずつ口を大きく開けられる
ような運動療法を行います。

また頬づえをついたりうつぶせ寝をする癖を直したり、硬いものを
噛みくだくことを避けるなどおごに負担を与え過ぎないように
注意します。

さらに、仕事の合間も適度にリラクゼーションの時間を取り入れる
ようにします。
ウォーキングや水泳などの全身運動をすることで、ストレス解消を
図ることも良い方法です。


                       


 岐阜新聞 金沢大学大学院特任教授・鈴木信孝先生の記事より抜粋


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 富田歯科

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ