スタッフブログ

2014年2月28日 金曜日

唾液潤沢にして抑制

                          
       口臭


口臭は自分ではなかなか気づきにくく、何かの病気が原因で
起こっている場合があり、健康のバロメーターとも考えられます。

口臭をもたらす病気の一つは、
虫歯や歯周病、歯槽膿漏など口の中の病気です。
虫歯で神経が腐っている場合など非常に口臭が強くなるので
早めに歯科で治療を受けて下さい。

また、歯周病や歯槽膿漏などの病気は、丁寧なブラッシングを行うことで
予防を図りましょう。


                          

歯間ブラシや糸ようじなどを用いて
歯と歯の間、歯と歯の歯茎の間の歯垢を取り除くように
はかることも口臭予防のポイントです。
一方、口の中以外で起こる病気が、口臭原因になることもあります。

                        

慢性胃炎など胃腸、消化器系の病気、慢性気管支炎、肺化膿症などの
呼吸器系の病気さらにちくのう症、慢性扁桃炎などの
鼻や咽喉の病気などがあげられます。

さらに、糖尿病の人では甘酸っぱいアセトン臭と言われる臭いがよく知られます。
しかし、こうした病気のない人でも、朝の起きがけや空腹時などに
口臭を自覚することがあります。
口中では古くなった粘膜上皮細胞が剥がれ落ちたカスが
できますが普段は唾液で洗い流されます。

ところが睡眠中や食後の時間経過が長いと唾液の分泌が悪くなってカスがたまり、
それが臭いを感じさせるようになるのです。

                             

このように、誰でも自然に出てくる口臭を生理的口臭と呼びますが、
これをできるだけ抑えるためには、朝食をきちんと取り
決まった時間に食事をすることがポイントです。

また、食間にティータイムを取り入れて唾液が潤滑に分泌するようにしましょう。
      
                                     

               岐阜新聞 金沢大学大学院特任教授・鈴木信孝先生の記事より抜粋     


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 富田歯科

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ