スタッフブログ

2014年9月16日 火曜日

かむことでいきいき生活(高齢期)を送ろう

残った歯を大切に「お口のケア」を続けましょう


たとえ歯の本数が減ったとしても、失った歯の部分に
義歯(入れ歯)を入れ、残った歯を大切にし、「お口のケア」を続けようという意識が大切です。  
 
    

健康な生活はよくかんで食べることから


お口やその周辺から脳に伝わる感覚は全体の1/3といわれています。
つまり、それらの情報が脳に入力され、身体生動の重要な役割を果たしています。
よくかんで味わうことは、健康な生活を続けるためにたいへん重要です。

 
よくかんで老化を防止


よくかむことによりあごの骨や筋肉が動いて血液の循環がよくなり、
脳細胞の動きが活発になり、脳の老化を防ぎます。

高齢者の場合、「歯が抜けてよくかめない」、「軟らかい食べ物ばかりを食べてしまう」
ということをくり返すと、脳細胞への刺激が少なくなります。




お口を清潔にして誤嚥性肺炎を防ぎましょう


誤嚥性肺炎とは、食べ物や唾液が誤って気管に入ること(誤嚥)で起こる肺炎のことです。
この肺炎を引き起こす細菌には、歯周病を起こす菌や義歯(入れ歯)についている細菌が多く見られます。
誤嚥があっても肺炎を起こさないために、普段から日常生活の中でお口を清潔に保ちましょう。


寝たきりになっても


寝たきりなど歯科診療所に行くことが困難な人は、歯科医師や歯科衛生士が多くの専門家と連携を取りながら行う口腔ケアや訪問指導を受けることができます。また患者さんの自宅への訪問歯科診療も行っています。かかりつけ歯科医や岐阜県歯科医師会、各郡市の歯科医師会におたずねください。

(社)岐阜県歯科医師会


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 富田歯科

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ