スタッフブログ

2014年10月22日 水曜日

元には戻らない⁉ 歯周病で溶けた骨


 
歯周病は感染症?
 
歯周病は、すべての人のお口の中に常在する歯周病菌の感染によって起こります。
歯周病菌は、空気(酸素)を嫌う性質を持っています。そこで、歯周病菌にとって居心地のよい場所を作るために、歯肉溝を深く掘り下げ、空気の届きづらい「歯周ポケット」と呼ばれる細菌の巣を形成して増殖するのです。
歯肉や歯周ポケットの中に生息する歯周病菌や細菌の持つ有害な毒素などが身体へ侵入することで炎症が起こり、歯周病が発生します。

★キーワード1・・・"落そう歯周病菌"
 
歯周病は治るの?
 
歯周病は発症初期の歯周病菌による炎症が歯肉にとどまる「歯肉炎」と、歯肉炎が進行して歯を支える骨まで溶け出す「歯周炎」の二つに分類されます。
「歯肉炎」は、早期発見によるブラッシングの徹底と、歯科医院での歯石除去などの適切な治療によって健康な状態に回復します。
「歯周炎」も歯肉炎同様、治療を進めることで歯肉を健康な状態に改善することができます。しかし、残念ながら溶けた骨の部分は元通りに治ることはほとんどなく、それ以上、進行しないようにすることが大切です。
★キーワード2・・・「検診は転ばぬ先の杖」
 
歯周病を予防するには
 
歯周病の発症には、歯周病菌の感染と歯周病菌から身体を守ろうとする防御機能とのバランスが関係します。
お口の中を無菌化することは不可能ですが、毎日正しい方法でブラッシングすることと、かかりつけ医院での定期的なチェックや、専門的なクリーニングの継続で、清潔な状態を保つことが大切です。
さらに、歯並びの改善による磨きやすいお口の環境作りや、喫煙といった防御機能に悪影響を及ぼす要因を生活習慣の改善から考慮する必要もあります。
★キーワード3・・・「磨いてるではなく、磨けていることが大切!」



 
日本歯科医師会 広報より
 








 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 富田歯科

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ