スタッフブログ

2017年3月24日 金曜日

口の渇き・舌が痛い! 服薬の関係?


日に日に暖かくなり、ぼちぼち桜が咲きそうですねcherryblossom
お口の中のトラブルはたくさんありますが、お口の中がとても渇いたり、舌が痛むことはありませんか?
先日、来院された患者様の中で同じような症状でお悩みの方が居られました。 今回は、その症状についての記事をご紹介します。




Ⓠ二年前から口が渇き、口のねばねば、舌の痛みで味もわかりません。痛み止めや睡眠薬など薬を6種類飲んでいることと関係ありますか?治療法は?(80歳・女性)


A.薬を多く服用している人の中には、口腔の乾燥に悩む人が珍しくありません。
睡眠薬を服用していて朝方に口が乾燥すると訴え受診する人もいます。口腔乾燥症(ドライマウス)は唾液が減少し口が渇く状態ですが、他にも舌の痛みや味覚障害など様々な症状があります。
唾液の減少によって口腔カンジタなどの感染症になりやすくなり、口の中の状態を心配し過ぎて心因性の痛み(舌痛症など)を引き起こすこともあります。
主な原因には、唾液腺の障害や糖尿病などの病気、口呼吸、高齢による唾液の減少、ストレスがありますが、薬ということもあります。
降圧薬や利尿薬、抗不安薬、抗うつ薬、向精神薬、抗ヒスタミン薬、抗パーキンソン薬、抗コリン鎮痙薬、制吐薬などが知られています。
ただ病気の治療が優先され、薬の変更は難しいと思います。






治療は対症療法が中心です。

具体的には、うがいや十分な水分補給、よくかんで食べる、唾液が出る酸っぱい食物を思い浮かべる、唾液腺マッサージ、部屋を加湿する、マスクの利用、粘膜の保湿効果がある洗口液やゲル状の湿潤剤を症状に合わせて使うなどです。




すぐ改善しないこともありますが、焦ると唾液が減少するなど悪化しがちです。
担当医と相談し、自分にあう方法を見つけることが大切です。(大船中央病院歯科口腔外科部長)

平成29年3月21日中日新聞より転載その他画像インターネットより
 
今回の記事に心当たりのある方は、唾液腺マッサージで唾液の分泌を増やして、ドライマウスの予防をしてみましょうnote 唾液にはお口の中の汚れを洗い流す作用があるので、汚れも溜まりにくくなり一石二鳥ですよhappy01



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 富田歯科

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ