ホーム > 歯肉のホワイトニング > レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療とは

歯科領域でのレーザー治療の応用

従来の歯科治療は「痛い」「削る」「抜く」と連想されるイメージが強いですが、レーザー治療は「痛みを和らげ」、歯を「削る」・「抜く」ことを最小限にしてくれます。

医療用レーザーは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌に対する殺菌や外科用メスとして、大きな効果を発揮します。通常のメスによる切開では出血が多く縫合しなければなりませんが、レーザーでは切開と同時に止血・殺菌するために、従来の治療法に比べ回復が早く、痛みも少ないという大きな利点があります。
レーザーを使用することで、無麻酔もしくは麻酔の使用量が少なく治療を行うことができるほどです。

 

レーザー治療の効果

虫歯の予防

定期的なレーザー照射により、虫歯になりにくい歯をつくります。
*小さなムシ歯の予防 ⇒ レーザー照射により、歯を削らずに再生治療をします。
*大きいムシ歯の進行防止 ⇒ レーザー照射により、ムシ歯の進行を抑制します。

口内炎の治療

レーザー照射により、痛みを除去し口内炎をすばやく治療します。

知覚過敏の治療

レーザー照射により、歯のしみる原因を探り、根本から治療します。

歯の神経を守る治療

歯にセラミックを冠せるために、削合した面、すなわち象牙質にレーザー照射することにより、
多数の象牙細管の細かい穴を封鎖することが可能です。
それによって、しみる、痛いなどの症状が出にくくなります。
また、神経ギリギリの箇所にも膜を張り、歯の神経を守ることが可能です。

歯周病の治療

レーザー照射により、歯周病の原因となる「歯石除去」や「盲のうそうは」を行います。

レーザー治療併用によるメリット

早期治療と定期的メンテナンスを並行していくと、より良い効果が生まれます。

知覚過敏の治療

健康な歯を虫歯菌から守り、有害な舌苔(ぜったい)をも除去することが可能です。

他にレーザー応用編として
  • 歯を削ることなく、無麻酔で軽度の「う蝕治療」が可能
  • メラニン色素除去
  • 舌強直症の早期治療
  • ホワイトニング
  • 歯周ポケット処置
  • インプラントの後処置
  • 口臭除去
  • 舌苔の除去
  • 顎関節症の痛みの緩和
セミレーザーナノックス

ソフトレーザーと言われる装置で、痛みを和らげたり、炎症を早くおさめたりできます。
知覚過敏やなんとなく痛い時に有効な事が多いです。

当院では上記2種類のレーザー機器を目的と症状に合わせ使い分けています。

レーザー治療Q&A

レーザー治療は痛くないのですか?
「全く痛くないと」いうわけではありません。レーザーは、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じる事なく「虫歯菌」や「歯周病菌」を一瞬にしてやっつけてしまいます。ほとんどの患者様は「痛くなかった」と言われます。勿論、患者様の症状や感覚によっても違ってきますので、もし痛い時は、遠慮なく言って下さい。
レーザー治療には副作用はないのですか?
電気メスは身体に電気を通しますが、レーザーは身体に電気を通しません。ですから、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。レーザー光線を歯や歯肉に照射すること自体には、副作用はありません。しかしながら、光過敏症や光アレルギーの方は適応外となります。まずはご相談下さい。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ