ホーム > 審美義歯・入れ歯 > 金属床・入れ歯

金属床・入れ歯

金属床義歯とは?

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感の少ない入れ歯を作ることができます。

金属床義歯の種類

コバルト・クロム合金鋳造床義歯

比重は純チタンの約2倍ですが、生体によくないニッケルは全く含んでおらず、銀色が美しい安定した金属です。

コバルト・クロム合金の入れ歯 特徴
純チタン鋳造床義歯

現在最も最先端を行く素材で、ご存じのとおり航空機は勿論、宇宙時代の金属です。この金属は大変よいものと分かっていたのですが、加工技術が難しかったため採用が遅れていました、しかし義歯にも応用することが出来るようになりました。歯科では日本が世界の中で最も進んでいます。

チタンの入れ歯 特徴
ゴールド鋳造床義歯

比重は純チタンの約4倍ですが、精密な義歯としては最高のものです。

ゴールドの入れ歯 特徴
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒502-0813
岐阜県岐阜市福光東2丁目2-8

【診療時間】
■月~土 9:00~12:30 14:00~18:00
※土曜日の午後は13:30~16:00
※休診日:木・日・祝


お問い合わせ
詳しくはこちら

  • RSS配信
  • RSSヘルプ